人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

正義の正体   

2018年 07月 27日

正義の正体/田中森一、佐藤優/集英社/2008

異色の検察官、異色の外交官、共に拘置所経験者ということで、飾らず、気張らず、本音で対談した本。佐藤優のかしこまった書きぶりは好きではないが、この本なら読める。
佐藤優は、小渕恵一が外務大臣時代にキャリアに引き上げてくれたエピソードの紹介もあった。あの小渕さんが認める人なら、佐藤優は大丈夫そうな気はするが、一方で、佐藤優は鳩山由紀夫首相就任後に持ちあげている。
世の中、奇麗ごとだけでは済まないことが多いとすれば、この二人の対談は、何かの時の参考にはなるだろう。


by seikouudokunohito | 2018-07-27 14:36 | 書評 政治 | Comments(0)

公明党・創価学会の真実   

2018年 07月 03日

公明党・創価学会の真実/平野貞夫/講談社/2005

衆議院事務局33年、参議院議員12年間の経験者が語る、公明党裏面史。
公明党の弱点は、政教分離の不一致の外に、票の取りまとめに係わる選挙違反、暴力団との関係が取りざたされることにある。
公明党密会ビデオは自民党の野中広務により、新進党の切り崩しだけでなく、自公政権成立の原動力となったとある。野中広務は、「叩きに叩いたら、向こうからすり寄ってきたんや」と述べたそうだ。


by seikouudokunohito | 2018-07-03 10:27 | 書評 政治 | Comments(0)

反転 闇社会の守護神と呼ばれて    

2018年 07月 01日

反転 闇社会の守護神と呼ばれて/元特捜検事・弁護士 田中森一/幻冬舎/2007

なかなか正体がはっきりしない、検察組織のものの考え方、行動パターンなど、急所を押えて書いたというよりは、暴露した本。
政界と闇社会との関係がわかる、滅多にお目にかかれない本。
検察組織だけでなく財務省との係わり、中曽根元首相が刑事事件の裏で画策した経緯などを総合すると、日本の支配者は、名目的には中曽根元首相?ではないかと推測可能な気がする。
著者は、闇社会と係わり、知り過ぎ、かつ暴露し過ぎたために、逮捕されたとも言えそうだ。


by seikouudokunohito | 2018-07-01 12:44 | 書評 政治 | Comments(0)