戦国武将・決断行動学   

2012年 01月 07日

戦国武将・決断行動学/大和勇三/PHP文庫/1984

戦国時代の武将を経営の視点で分析、評価したのが本書である。

ただ、勝利した側を中心に分析、評価している点、評価基準が客観的でない点、名将言行録の引用が多いため、先に名将言行録を読んだ方がいい気がするのだ。
[PR]

by seikouudokunohito | 2012-01-07 16:51 | 書評 歴史 | Comments(0)

<< 「良い仕事」の思想 新しい仕事... 決断力 >>