道徳の教科書   

2011年 12月 13日

道徳の教科書/渡邊毅/PHP研究所/2003

日本が悪い、日本が悪いと教えられ、そう思い込んでいる人にまず読んでいただきたい本である。
世界でこんなに素晴らしい国が他にあるのかということを気づかせてくれるだろう。

なお、この本を読む前に、見出しの全体構成をしっかり頭に入れて読まれることをおすすめする。
そうすることで理解がさらに深まると思うからだ。
[PR]

by seikouudokunohito | 2011-12-13 19:55 | 書評 日本論・國體 | Comments(0)

<< 愛国心の教科書 らくらく読める古事記 >>