反日マスコミの真実   

2011年 10月 22日

反日マスコミの真実/西村幸祐/撃論MOOK OAKMOOK126/2006

一言で言えば、反日マスコミ問題の教科書的本である。
本自体は、この問題に関する気鋭の執筆者による分担によるものである。この本1冊読んでおけば、ほぼ反日マスコミ問題の全体像がつかめるといってよい。
内容的には、特集として組まれている「報道されないニュースの謎」が面白いと思った。
全体的に言えることは、文献的価値が高い内容に仕上がっており、保存版と言えるだろう。
[PR]

by seikouudokunohito | 2011-10-22 15:43 | 書評 マスメデイア | Comments(0)

<< 反日マスコミの真実2 和田春樹の本 >>