どんな人の本を読むべきか   

2011年 09月 18日

読みたい本がたくさんある時はいいが、そうでない時に、何かいい本がないかと思って探すことがあるが、そういう時に私は、戦前有名で戦後まったく評価されなかった人、戦前の教科書に載っていたが戦後の教科書にまったく登場しない人の本を中心に探すようにしている。

それは、それなりの実力を備えた方たちばかりだからである。

また、戦前有名で戦後まったく評価されなかった人の本は、実は、GHQによって焚書の対象にされたものがあり、GHQにその著作の価値の判断を委ねるのではなく、自らの良心と判断によって我々の先人の努力と業績を判断するのは日本人として当然すべき行為だと考える次第である。
[PR]

by seikouudokunohito | 2011-09-18 04:20 | 読書案内 | Comments(0)

<< 鷲田小弥太はそこそこの本を書い... 「良寛」本の落とし穴 >>