ユーモア大百科   

2011年 09月 15日

ユーモア大百科/野内良三/国書刊行会

タイトルどおりの本である。
そして、真面目にユーモアについて扱った本である。
前書きだけ読んでも高度な哲学書と変わりない水準となっており、850件ものジョークも付属している。
しかし、このユーモアだけで満足してはいけない。
この本は、言葉が介在するユーモアという世界を物差しで測るように定義し、分類しているからだ。
[PR]

by seikouudokunohito | 2011-09-15 13:04 | 書評 ユーモア | Comments(0)

<< 課長島耕作 ある寄稿がきっかけで読む気が失... >>