新聞ジャーナリズムの危機   

2011年 09月 04日

新聞ジャーナリズムの危機/小板橋二郎/かや書房/1997

新聞業界批判の本である。
新聞業界の体質、記者の能力のレベルについて鋭い評価を行なっている。

記事の見出しの付け方などに関する添削箇所、スポーツ紙の記事を評価する箇所が読み応えあると思うが、私としては、近年、社会問題になりつつある記事の偏向、捏造について解説が欲しかった。
[PR]

by seikouudokunohito | 2011-09-04 08:58 | 書評 マスメデイア | Comments(0)

<< 名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 やさしい基本情報技術者講座 >>