<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

日本人の叡智    

2016年 11月 28日

日本人の叡智/磯田道史/新潮新書/2011
朝日新聞土曜版のコラムに連載されたものを出版化した本。
室町〜明治生まれまでの100人近い埋もれた偉人について、一人当たり見開き2ページにわたって書かれた、伝記本兼名言集。

山梨勝之進、堺利彦、本多静六のことは調べ直す価値があると思った。
[PR]

by seikouudokunohito | 2016-11-28 18:40 | 書評 伝記 | Comments(0)

オバマ大統領がヒロシマに献花する日 相互献花外交が歴史和解の道をひらく   

2016年 11月 28日

オバマ大統領がヒロシマに献花する日 相互献花外交が歴史和解の道をひらく/松尾文夫/小学館新書/2009

共同通信記者が書いた、ドレスデン和解に触発されて書いた国家間の戦争行為の和解について述べた本。
一見良書であるかのように装っているが、基本的に自虐史観、中韓の歴史認識を盲目的に受け入れ、歴史的事実を捻じ曲げても歴史だと主張する学者だらけの韓国の学者の説をそのまま引用し、日米の歴史的和解の必要性を解いている。
史料的価値がありそうな、ドレスデン和解について述べた箇所以外は、読む価値はない。
アマゾンの書評欄で結構な評価になっているが、精読に値するほどの内容ではない。
ジャーナリストが書いたというだけで本が売れた時代は終わったような気がする。
[PR]

by seikouudokunohito | 2016-11-28 18:31 | 書評 政治 | Comments(0)

小名木善行の書いた本の評判   

2016年 11月 13日

最近出版された、百人一首本、文法解釈がなってないという評判です。

ねずさん(=小名木善行)ってどうよ

http://potato.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1451813942/13-n

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/sisou/1430006207/l50

パクられた被害者を見つけました。
[PR]

by seikouudokunohito | 2016-11-13 19:46 | 悪書 | Comments(0)

保守主義の哲学 知の巨星たちは何を語ったか   

2016年 11月 11日

保守主義の哲学 知の巨星たちは何を語ったか/中川八洋/PHP研究所/2004

保守主義の政治思想のルーツ、特に、建国以降のアメリカ保守主義が政治思想として、英国をルーツとする伝統的政治思想と、どう異なるのか?を説明した本。
ただし、著者は、アメリカの保守主義に係わる研究者が、現代において数えるほどしかいないこと、アメリカ保守主義の重要文献が日本語に未翻訳であるばかりか、東大、京大などの大学の研究者にて研究対象とされた兆候がないことを指摘する、保守主義思想家にとっては警告の書でもある。
おわりに、おいては、高校倫理で教えている思想家たちが、本来教えるべき有益なものではなく、害悪あるものだらけであることを説明している。これはこれで、使い道がある、政治思想に関心ある方にとっては有益な本として位置づけられる。
[PR]

by seikouudokunohito | 2016-11-11 16:04 | 書評 政治 | Comments(0)