創価学会を斬る この日本をどうする2   

2017年 06月 16日

創価学会を斬る この日本をどうする2/藤原弘達/日新報道出版部/1969

創価学会から本書の発行に際し、妨害があったとされる当時としては話題の本。
創価学会の暗部、知られざる実態が、克明に描かれているが、その普遍性ゆえに、書かれていることは他の新興宗教にそっくり当てはまる部分がある。
そういう意味で、古さを感じさせない本ということになる。
古書でしか入手できないが、読書好きな方なら持っていて損はない本である。

それにしても、これだけ質の高い本を書きあげた著者の能力には脱帽せざるを得ない。


[PR]

by seikouudokunohito | 2017-06-16 04:40 | 書評 宗教 | Comments(0)

<< 英国機密ファイルの昭和天皇 古書で1円本が続出している岩渕... >>