インテリアデザイン 空間の関係・イメージ・要素   

2011年 06月 21日

インテリアデザイン 空間の関係・イメージ・要素/内田繁、沖健次編/六輝社/2003

内装設計のデザイナーのためのインテリアデザインの教科書である。

デザインを、関係としてのデザイン、イメージの構成、モノとカタチの視点から論じ、ショップ、レストランなどでの具体的事例などを取り上げ、それぞれについてインスピレーションあふれる考察が加えられている。

空間設計の面白さ、多様性を発見できる本だと思う。
[PR]

by seikouudokunohito | 2011-06-21 06:47 | 書評 デザイン | Comments(0)

<< 京都 生活雑貨 北欧、巣鴨のデザイナーに出会う旅 >>